福知山市三和町でワーキングホリデーを活用し、万願寺甘とうの栽培に特化したユニーク農業を経営する(株)Season(シーズン)と福知山公立大学佐藤助教とその学生たち、中丹広域振興局、パワーオンネット事務局によるワークショップが行われました。

地元名産の「『万願寺甘とう』の活用方法を考える」をテーマに佐藤先生の指導のもと、若い感性で次々と面白いアイデア出しが行われました。中には単なる食用としてだけではない、とてつもない発想もありました。

このアイデアをもとに(株)season久保社長は地元のみならず、全国からランナーが集まる今年の福知山マラソン開催時に、万願寺を使った新商品を開発、デビューさせる予定です。楽しみにお待ちください。

 

 

オリエンをする(株)season久保社長、松村専務

公立大学佐藤助教と学生