今秋、京都工芸繊維大学の地域課題解決型学習(PBL)や地元企業・海外でのインターンシップを中心とした、実践的・能動的な学習である、地域創生Techプログラムが福知山キャンパスにて本格的に開講します。

パワーオンネット事務局では産学連携テーマ候補の一つとして「複合材料」をテーマに挙げていましたがそれにさきがけ、京都産業21主催、京都工芸繊維大学 大谷章夫准教授による「新産業創造事業化研究会」に事務局からも参加させて頂いています。

RTM成形法実習風景

高い技術力を持つ地元企業や会員企業と共に、新規事業創出の為の共通テーマとして将来的に取り組んでいければと考えています。