福知山重工業(株)

パワーオンネット会員の幹事企業である福知山重工業(株)が京都大学との産学単独連携で「ワンウエイゲート」を共同開発し、滋賀県米原市に納品しました。
滋賀県にある伊吹山山頂に咲き乱れる高山植物を保護するために、全長3Kmにわたる防護柵が設置されていますが、一旦鹿がネットを破って侵入してしまうと出口を見失って余計に柵内で暴れ、被害が大きくなりがちです。
「ワンウエイゲート」は鹿の行動特性を研究したうえで、スムーズに柵外に誘導し、二度と侵入できなくするものです。
詳しい構造写真を掲載することは出来ませんが、現在効果を検証中とのことです。

ワンウエイゲート

右:福知山重工業(株)中本社長、左:営業藤原さん