福知山市夜久野畑の今里地区に群生しているミツマタが注目されています。紙幣の原料としてだけではなく、鹿が食べないことから獣害防止や今までは廃材として廃棄するしかなかった加工後の芯を加工することで、優れた防臭効果や抗菌効果がみられると言われています。

今回はみつまた特産研究会とパワーオンネットが申請、採択された「平成30年度京都府立大学地域貢献型特別研究」で「ミツマタ」の多角的応用のための調査・研究をテーマに京都府立大学細矢教授をお招きし、また福知山公立大学平野教授からは幅広い地域創生の実例をご紹介していただく予定です。

皆様の多数のご参加をお待ちしております。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆日時 平成30年12月7日(金)午後2:00から午後4:00(受付 午後1:30開始)

◆場所 市民交流プラザふくちやま 3階 市民交流スペース
福知山市駅前町400番地 0773-22-9551

◆プログラム

1 開会のごあいさつ
2「過疎地域の現状と地域資源の活用にかける思い」
やくのみらいまちづくり協議会 会長 衣川 裕次さん

3「ホット・レポート 中国の村に学ぶ2つの豊かさー地域にとっての文化とその活用―」
福知山公立大学 学部長 教授 平野 真さん
4「地元産原料に根ざしたミツマタの機能化と多角化」
京都府立大学 生命環境科学研究科 教授 細矢 憲さん

◆主催 福知山市産業観光課 産学連携パワーオンネット事務局

◆共催 福知山公立大学

◆協力 京都府立大学

◆後援 大平印刷株式会社・りてん堂

*お申込みは下記案内チラシをご覧いただき、ファックス又はメールで12月3日(月)までにお申し込みください。定員100名、お申込み順となっております。

 産学官連携事業報告会募集チラシ