福知山の経済動向の令和元年7月分をまとめました。「経済の動き」の欄をご覧ください。

近畿経済産業局の4月を中心とした指標は「近畿経済は一部に弱い動きがみられるものの、穏やかに改善している」とされています。
長田野企業では全体的には好調が伝えられ、優秀な人材確保が引き続き大きな課題となっています。
京都府全体の倒産件数、負債総額は8か月連続で前年対比を下回っており、指標を裏付ける一因とはなっていますが、一方では生産の足踏みや前年対比での輸出の減少が続くなど不透明感が見受けられます。

令和元年7月経済動向_