8月31日(土)綾部市のJA京都にのくに「彩菜館」綾部店で中丹東農業改良センター、中丹西農業改良センター主催で行われた「万願寺とうがらし加工品フェア」にパワーオンネット会員企業であるひぐち農園さんが出展しました。

 

 

 

 

 

 

この日は8月31日ということもあり、「~やさいの日~」というネーミングのもと、中丹3市で万願寺とうがらしの加工品を製造販売及び試作中の農業者の皆さんが参加し、万願寺を素材とした加工品の販売や試作中の加工品の試食、アンケートが行われました。
ひぐち農園さんはパワーオンネット事業で取り組んできた「万願寺赤こんにゃく」「万願寺ドレッシング」の試作品を出品しました。試食会は大成功。特に万願寺ドレッシングはサラダのみならず、冷奴にかけると独特の甘みが広がると大評判でした。

この2点は福知山市が主催する今年度の「ふくちやまエエもん発掘事業」にもエントリーし、一次審査を通過、来る9月15日の鑑定会で最終審査を待つのみとなっています。

赤こんにゃく

万願寺ドレッシング