11月30日(土)12月1日(日)福知山のゆらのガーデン内の「淑徳魚苑 魚福」にて産学官農連携のもと誕生した「京都・丹波の赤めん」を使用したまぜそば「紅の冷和願麺(くれないのれいわがんめん)」記念販売会が行われました。

ゆらのガーデンから福知山城を望む

11時からの開店にも関わらず、1時間以上前から大勢の市民の皆様の行列ができました。昼過ぎには準備した全て完売となってしまいました。何とか福知山名物と呼ばれる商品にまで育ったらいいと思います。

ゆらのガーデン

 

 

 

 

 

 

開店前から市民の皆様が並ばれていました

入口前の看板もオシャレでした

 

 

 

 

 

調理をする淑徳生

 

 

 

 

食事中を取材にお邪魔しました。

屋外でも食事できました。

紅の冷和願麺 販売版