先月1月9日に市役所の談話室にて完熟万願寺とうがらし使ってお披露目をした「ゆず塩ラーメン」。2月13日(木)大好評につき二回目の販売を実施しました。
12時の昼休憩時間のベルとともに今回も福知山市役所2階の談話室に多くの職員の列ができました。あっさり味の「ゆず塩ラーメン」のせいか、女性職員の数が圧倒的に多かったように思います。

先日「紅の京願麺」として正式に商標登録も出願しました。今後の活動としては淑徳高校生が3月5日からハワイの白木屋でこの「紅の京願麺」を使い、「うまいもん甲子園」で優勝した「紅の冷和願麺」のメニューを期間限定で出張販売します。また3月下旬からは福知山市内の有名店舗1店限定でこの麺を常設メニューとして扱っていただける企画も進んでいます。

最近、明らかに福知山にお見えになる観光客の方が増えていると実感できます。次なる展開は、越えなければならないハードルはまだまだありますが「ここにしかないお土産」として観光客の皆さまに喜んでいただけるような商品に育てていきたいと思います。